お正月のおせち料理について

今ではお正月に食べる料理を「おせち」と呼んでいますが、昔は3月3日や5月5日などの節句の料理が「おせち」と呼ばれていました。

住んでいる地域やご家庭によって入れ方や内容も異なりますが、一般的には子孫繁栄を願う数の子や富を得るという意味を持つきんとん、「よろこぶ」の語呂合わせから祝いの食材に欠かせない昆布巻など、代表的な料理はありますよね。

今では百貨店やスーパーだけでなく、ネット通販で注文する事も出来ます。大きさや味、予算によって選ぶ事が出来るのは嬉しいですよね。レビューやランキングを参考に出来るのもメリットでしょう。さらにネット通販であれば希望日時に届けてくれるため、年末年始忙しい方であっても食べる事が出来ます。

さらに最近は販売されているおせち用の重箱にも沢山の種類がありますし、インターネット上に簡単な作り方や見た目が美しいレシピも紹介されているので、ご自宅で気軽に作れるようになりました。

「毎日料理を作っているお母さんが、お正月の3日間くらいは料理をしなくて良いように」という意味も込められたおせち料理ではありますが、やはりお料理好きな奥様が張り切って作るご家庭も沢山あるでしょう。

またお子様や小食の女性にも喜んでもらえるようにと、キャラクターをモチーフにしたおせち料理や可愛らしいデザインの料理が並んだ料理もあります。そこに込められた意味を考えながら食べ、明るい一年になるよう願いましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です