おせち料理は日持ちの良い献立が中心となっています

おせち料理といえば縁起の良い献立が多いことが特徴ですが、さらにおせち料理には日持ちの良い献立が多いことも大きな特徴だといえるでしょう。

これについては様々な考え方があるのですが、お正月の間は台所の神様(火の神様)である荒神様を怒らせないようにという平安時代からの風習が大きな理由となっているようです。またお正月の期間は神様をお迎えする期間であるため、台所で調理をして騒がせることは好ましくないという考え方があります。

その他には普段食事を作ってくれる女性に感謝をし、お正月の期間は家事を休んでゆっくりとしてもらいたいという意味があるようです。おせち料理は重箱に詰められた祝い肴(ざかな)・口取り・焼き物・煮物・酢の物などにより構成されますが、その他には雑煮を食べることが多くなっています。

雑煮は神様にお供えをした食材をその後鍋で煮て食べたものがそのルーツとなっており、江戸時代からはお正月の料理として餅を入れて煮た料理になりました。お雑煮は元旦から3日にかけて、毎日餅の数をひとつずつ増やして食べると縁起が良いとされています。

お雑煮の味付けは塩味やしょうゆ味が一般的ですが、地域により様々なバリエーションがあるようです。お屠蘇は日本酒やみりんに屠蘇散(さんしょう、ききょう、肉桂、ぼうふうなど数種の薬草を調合して絹の袋に入れたもの)をひたしたものであり、中国の「供薬の儀」という風習に基づいたものになります。

元旦に飲むことで1年の邪気を払い、寿命を延ばすことができるとされています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です