おせちの意味合いと歴史

お正月に欠かせないおせちは、もともとは神様へのお供えの意味があり五節句に作られる料理です。

この料理が江戸時代に庶民の間で広まり、一番重要な元旦に用意をする習慣が出来上がったのです。おせちにはルールが色々とあり、めでたい事が重なるという意味合いで重箱に詰めます。重箱に詰める中身にも決まりがあり、一の重に入れる物は祝い肴と口取りです。

おせちは一つ一つに意味があり、例えば数の子は卵の数が多いので子孫繁栄を表します。黒豆は邪気払いと豆に働く事が出来るようにとの願いがあるのです。栗きんとんはその色から金銭的な富を表す料理になります。このような中身が一の重には何種類か入るのがルールです。

二の重には魚介類を中心に焼き物を詰めるのですが、体表的なものは鯛やブリそしてエビになります。鯛はめでたい、ぶりは出世魚そしてエビは腰が曲がるまで長生きをするようにとの願いがあるのです。

お重が三段の場合は二の重に焼き物以外に酢の物を用意します。紅白のはますやこはだが酢の物の代表例であり、日持ちのするものが用意される事が多いです。三の重は煮物がメインであり、蓮根や里芋そしてくわいややつ頭になります。

蓮根は穴が開いているので見通しが良くなるように、里芋は子芋が多いので子孫繁栄を意味するのです。やつ頭は頭となって出世するようにそして里芋と同じように子孫繁栄を願って用意します。家庭によっては五段重ねのお重を用意するのがおせちです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です